まあ、言うて言うは易しなんだけどね

理系大学院生です。 ランニングを習慣としていて、マラソンでサブ3達成を目標にしています。夢はピカチュウによる発電システムを確立させることです。 宛先はthisisnomi3@gmail.com

悩み

天敵にはあだ名をつけよう

皆さんの周りには、「この人とは合わないなー」と思う人いますか? そんな人とはなるべく触れ合いを避けたいところですが、同じ職場とか同じ部活とかに所属してると、どうしても付き合っていかなければならないことがありますよね。 さて先日、精神科のお医…

新入社員の皆さん、失敗は笑って貰おう

私は今年から社会人になったヒヨッコもヒヨッコの新人なわけなのですが、最近結構辛いことが多かったです。 何が辛いって、ミスが多いことです。 本来全然難しいわけじゃない部分を見落としたりして、それが後のチェックで発覚してやり直し。 お客様には迷惑…

体調が悪い時のブログの更新内容。

体調が悪いです。 to be continued…

バスって何で前の方が混むのだろう?

バスって後ろの方にまだ全然スペースがあるのに、前の方に人が固まってて、乗るのに苦労する時ありますよね? あれは何でなのでしょうね? 後ろの方に恐れている何かがあるのでしょうか? 恐れているものといえば、「失敗」ですよね。 「失敗」は怖いです。…

面倒な食器洗いを回避するたったひとつの画期的なアイデア

四月中旬から一人暮らしを始めて、約二か月が経ちました。 一人暮らし開始当初は、会社での業務(まだ研修ですけど)がとてもライトというのと自分のやる気もマンマンだったこともあって、実家にいた時にはほとんどやらなかった自炊を含めて結構家事を頑張っ…

偉い人のお言葉通りにしようとすると身体がもたない

さて、4月から新生活なのですが、こういった区切りの時期になると、あちこちの人生の先輩から「こういう人であれ」というお言葉を貰えます。 どれもこれも、とても良い言葉で「確かにそういう人になりたいです!」と思うんですが、いろんな方からの言葉を集…

「男は新しいフォルダで保存、女は上書き保存」の理由について

恋愛におけるスタンスの男女差として、「男は新しいフォルダで保存、女は上書き保存」なんていう通説があるように、男性は失恋に関してズルズルと引きずり、女性はスパッと切り替える傾向があるなんてことは良く言われてますね。 先日ラジオで、「どうしてこ…

中学の野球部ではまともな挨拶をさせてもらえなかった話

先週の記事で、私の中学の野球部での挨拶の思い出を書きました。 野球部では先輩や先生に会ったときは、大きな声で「ちは〜っす!」って言わなきゃいけなかったんですよね。 ちなみに、遠征試合があるときは、部員は地元の駅で集合するのですが、その集合場…

義務でする挨拶ほど誰も得しないものはない

中学生の時、私は野球部に所属していました。 この部活には挨拶のルールがありました。 先輩や先生と対面したら、立ち止まって「ちは〜っす!」と大きな声で挨拶しなければならない。 そんなルールです。 挨拶の習慣をつけるという意識自体はとても良い事だ…

落ち込みがちな人が前向きに生きるための一つのヒント

以前友人が 「例えば彼女とケンカした後、俺はいつまでも怒ってたりしないですぐに切り替える。だってどうせ仲直りするから、無駄に怒るエネルギー使う必要ないでしょ」 と言っていた。 ごもっともであるし、このカップルは割と完成されてるなあと感じた。 …

小さな子を持つお父さんを見て思ったこと

ある日の休日の公園。 私の目の前には、4人のファミリーがいました。 お母さんはベビーカーに赤ちゃんを乗せて押しています。

「顧客満足度」について考えてみよう②

前回記事の続きです。 私は現在学生の身ですが、来年からはサラリーマンとして働きます。 ひいては、顧客に対して何かしらのサービスを提供することを生業としていくわけですが、いかんせん今まで消費者側からの目線しかなかったもので、提供者側からの視点…

「顧客満足度」について考えてみよう

私は現在学生の身ですが、来年からはサラリーマンとして働きます。 ひいては、顧客に対して何かしらのサービスを提供することを生業としていくわけですが、いかんせん今まで消費者側からの目線しかなかったもので、提供者側からの視点で、どうしたら顧客満足…

20代が40代に思うこと。40代が20代に思うこと。

先日、私はこんな記事を書きました。 www.nomi3.net この記事は、私が受けた講義の最中に、ある教授が 「自分の持ちカードが増やせるのは20代の間だけで、40代くらいからカードの使い方は上手くなるけどカードの枚数を増やすのは難しい。残された手持ちカー…

インドネシアのじゃんけんは納得いかないんだけど、頑張って納得してみた

私が小学生の頃、ある1日だけ流行った遊びがあります。 それは、「インドネシアのじゃんけん」です。 インドネシアのじゃんけん インドネシアのじゃんけんって知ってますか? 日本のじゃんけんは「石・ハサミ・紙」の勝負ですが、インドネシアは手が違います…

20代の自分には想像できない40歳以降の生き方

ある講義の中で、60代の教授がボソッと 「自分の持ちカードが増やせるのは20代の間だけで、40代くらいからカードの使い方は上手くなるけどカードの枚数を増やすのは難しい。残された手持ちカードでの消耗戦となる。」 という言葉をこぼしていました。 講義の…

忙しさとの折り合いをつけるのが難しい【サブ3チャレンジその16】

皆さんこんにちは。いつもご来訪ありがとうございます。 のみさん(thisisnomi3)です。 本日は日曜日のランの報告です。 前回は坂ダッシュ、前々回はレースペース走というように、サブ3に向けた新しい練習に取り組みましたが、今回は通常のジョギングをしま…

エスコート界の強敵「2重ドア」に対する作戦・4選

レストランとかホテルとかで、入口が2重ドアになってることありますよね。 こんな感じで。 この2重ドア、スライド式の自動ドアとかだと何も気にしなくていいんですが、手動で引くタイプだったり押すタイプだったりすると、ちょっと悩むんですよね。女性と…

死ぬ気でやってごらん、死なねえから

「死ぬ気でやってごらん、死なねえから」 という言葉があります。 まあ、でも「死ぬ気」って怖いですよね。死んじゃいそうになるわけですから。

新しい練習の導入【サブ3チャレンジその13】

日曜日のランの報告です。 ポケモンGOのハロウィンイベントにつき、今回もジョギングです。 5キロ程度なので確信は持てませんが、遊びながらでもペースを一定に保てたかなと思います。

保育園児必見!これからの人生を生きていく上で捗るもの5選

保育園児の皆さんこんにちは! オラ、もっと声出せ!こんにちは! …まあいい。 こう見えて私は保育園卒なので、今回はてめえら保育園児達に身に付けておいた方がいい能力や知識をランキング形式で紹介するぜ。先輩としてな。 偉そうにと思うかもしれないが、…

何か失敗して落ち込んでいる人へ

朝だ。 今日も私は電車に乗る。 乗客は皆、車両という空間を共有しながら、それぞれが自分の人生を生きている。

電車のイス取りゲームにおいてGOD(おばさん)の右に出る者はいない

ある日私は友人と2人で電車の乗車列に並んでいました。 私達の前には、1人の青年がいました。 その青年は、イヤホンで音楽を聴きながら何やらニヤニヤしながらスマホの画面を見ています。どうやらTwitterを眺めているようですが、何がそんなに面白いのか、と…

【ハハバ】ハロウィンでハーレイクインの仮装をする人が絶対行くべきたった一つのスポット

2016年のハロウィンではどんな仮装が流行るでしょうか? 私の予想は、ハーレイクインです。 どうでしょう。やろうと思っていませんでしたか?

googleアドセンスのアカウント有効化まではおしっこ漏らしたみたいになる

10月に入ってから、ひっそりとGoogle AdSenseの申請を行っていました。 各所から「申請は良く落ちる」との情報を入手していたので、あんまり期待はしていなかったのですが、先日このようなメールが届きました。

マイク・ワゾウスキーとマイク・ザガースキーの違いについて

アニメ「モンスターズ・インク」のメインキャラクターとしてお馴染みのマイク・ワゾウスキーさんですが、実はプロ野球界に激似の選手がいます。 それは、

電車の端の車両に乗るのが怖い

私は電車に乗るとき、基本的には端の車両を避けています。 なぜなら、万が一電車が何かと衝突したとき、端の車両はそのダメージをモロに受けてしまう気がするからです。 【今日の名言】 単車両の電車だと詰む。

もしもピカチュウの得意技が「10まん“ウサイン”ボルト」だったら

7月に「ポケモンGO」が日本に上陸して、11月には新シリーズの「ポケットモンスター サン・ムーン」がリリース予定になっていたりと、2016年はポケモン旋風が巻き起こる年であります。 小学生の頃に「ルビー・サファイア」にはまっていた私も、しばらくの間ポ…

明日話したくなる「クリケットってどんなスポーツ?」

皆さん人生で一度は疑問に思ったことがあるはずです。 「クリケットってどんなスポーツ?」って。 え、ない?いやいやまあそれでもちょっと興味持ってみてくださいよ。経験者の私がお教えしますから。 クリケットは知ってしまったらきっと明日誰かに話したく…

視力が悪い人が唱える「オーラで分かる理論」は信用できない

私は視力が悪いです。 とはいえ、裸眼でもPCのディスプレイはみえるので、裸眼で生活出来ないこともありません。 このくらいの中途半端な視力の悪さを持つ人(私も含む)が唱えるものに、「相手のことが良く見えてなくてもオーラのようなもので判定できる理…