読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まあ、言うて言うは易しなんだけどね

理系大学院生です。 ランニングを習慣としていて、マラソンでサブ3達成を目標にしています。夢はピカチュウによる発電システムを確立させることです。 宛先はthisisnomi3@gmail.com

古めの大浴場に入る時の憂鬱とその解決方法

f:id:nomi3:20160817151342p:plain

銭湯とか、温泉に行った時の話。

 

 

 

シャワーの温度を赤と青のダイヤルだけで調節するやつ、難しくないですか。

 
 
調節中、今何度なのかわからないからあとどれくらい赤をひねればいいのかわからないし、そもそも赤をどれだけひねれば何度になるのかもわからないですよね。
 
 
で、やっとちょうどいい温度になった!と思ったら、今度は水の勢いが微妙に足りなかったりして、赤と青の割合を変えないようにそうっとそれぞれを増やす方にひねっていったら
 
 
なぜか急に冷たいっ!ってなったりするんですよね。
 
 
 
しかも、赤の設定が風呂場によってマチマチだから経験が生きないんですよね。
 
 
そもそも赤から出るのがぬるーいお湯だったり。逆に青を目いっぱいひねっても全然温度下がらなかったり。
 
 
 
っていうことに今まで結構いらいらしていたんですが、最近は考え方を変えました。
 
 
 
あれは、温泉側があえて提供しているエンターテインメントだと。
温度調節をアナログにして、どんな温度になるか分からない目隠し状態のスリルを私達に楽しんでもらおうとしているのだと。
 
 
そう思えると楽しくなってきます。
 
 
温度調節もノリノリになってきます。
 
 
で、ノリノリでダイヤル調節してて思ったのが、これってDJみたいだなってことです。f:id:nomi3:20160412155248p:plain
ほら。
 
 
 
自分の絶妙な温度調節で、会場がエキサイトしてくれないかなーとか考え出すと楽しくなってきます。
 
 
 
いえーい。Put your hands up!!