まあ、言うて言うは易しなんだけどね

理系大学院生です。 ランニングを習慣としていて、マラソンでサブ3達成を目標にしています。夢はピカチュウによる発電システムを確立させることです。 宛先はthisisnomi3@gmail.com

4:30からの超早朝ハーフマラソンをやってみて分かったこと【ランニング日記18】

f:id:nomi3:20160902083447j:plain

昨日の記事で

nomi3.hatenablog.com

「明日はハーフマラソン走っちゃいます!」なんて言ってしまいました。これとは別にツイッターでも別の宣言をしてました。

 

というわけで、今日は早朝4時からハーフマラソンを走ることになってました。

なんというか、昨日はほんとにエネルギーの漲りがすごかったので、サラッと言ってしまいましたが、冷静になるとなかなかハードなものです。

 

で、まあスタートの時刻になりまして

 と、スタート宣言しています。宣言が既に9分遅れなのですが、この時私はまだ布団の中だったので、実際のスタートは4:30くらいでした。出鼻を挫いてバナバーナです。

 

 

早朝4:30からハーフマラソンをして気付いたこと

まあ、30分程度の遅刻は許してテヘペロという感じで、4:30から走ったことで気付いたことについて今日はまとめようと思います。

 

①新聞は既に届いている

いや、まあもともと4:30には届いていたことは知ってたんですけど、改めて凄いですよね。私なんかたった1日の4時起きですらままならないのに新聞配達の彼らは毎日確実に超早朝の任務を実行しているわけですから。

既に30分の遅刻で胸が痛い今日の自分にとっては、「新聞は既に届いている、早起きの出来ないオマエは既に死んでいる」というセリフとともに経絡秘孔を突かれた気分になりました。ひでぶ

 

②猫だらけ

4:30ってまだ日の出前で、だいぶ暗いんですよね。

そんな暗闇の中、私が道で出会うのは猫、猫、猫。

あんなにいっぱいの猫が近所にいたとは。日中は何してるんだろう?

猫社会の一部を垣間見たと同時に、「人間はまだ寝てろニャー」と言われている気がしたニャー。

 

③太陽とともに生きていることを実感する

今日は5時過ぎに日の出だったので、走りの真っただ中で日の出に立ち会えるんですよ。

意識して東に向かって走ってたら、じわあーっと徐々に明るくなって「ニュッ」っと太陽が顔を出してきて。

その瞬間といったらもう「生まれたーーー」って感じで、なんか出産に立ち会ったような気分でとても感動してしまいました。(出産に立ち会ったことはないですが)

 

で、太陽が出てからは、体の感覚が全然違うんですよね。やっぱり日光を浴びることでやっと目が覚めるんですよ。

身体的には多分「あー、日光だー目が覚めるー。って、え?もう走ってたの??」って感じだったんじゃないかと思います。ごめんなさい身体。もう10キロくらい走ってたわ。ドッキリよドッキリ。テッテレー。

 

④正直しんどい、、けども、、

なんやかんやあって、なんとか走破することができたのですが、そのときのつぶやきがこちら

 文字通りしんどいです。

「朝飯前だぜ!!」とはなりませんでしたね。本当に朝飯前ではあったんですが。

なんにも燃料をチャージしていない状態でハーフマラソン走るのは、いくらエネルギーが漲っているとはいえキツかったですね。

 

ただ、

 

ただ、

 

 

 

癖になりそうです。

 

 

あ、今日の結果はこちらです。

f:id:nomi3:20160902072316j:image

「Friday Night Run」って…

ナイキランニングにとっては4:30は夜のようです。

ごめんなさいね。起こしちゃって。ドッキリよドッキリ。テッテレー。

 

ちなみに、サブ3のペースって4'16/kmみたいですけど、こっから1分縮めなきゃいけないんですね。大変だ。

 

⑤まだ6:30??ってなる

ハーフマラソンっていったら、凡人の私にとっては、本来1日のエネルギーをかけて取り組む内容なんですよ。

なのに、時計をみたらまだ6:30。「しかもこれから朝ごはん??」と驚愕しました。

 

これからなんでもできちゃうじゃないですか!すごい!

 

⑥まとめ

以上、4:30からの超早朝ハーフマラソンをやって気付いたことでした。

超早朝に走るのは癖になりそうなのですが、前日に宣言するのは、自分に勝手に重荷を背負わせることになってしまうので、しばらくはやらないことにします。

 

それでは、また!

 

 

 

こちらもおすすめ↓

nomi3.hatenablog.com

nomi3.hatenablog.com