まあ、言うて言うは易しなんだけどね

サラリーマンです。 ランニングを習慣としていて、マラソンでサブ3達成を目標にしています。夢はピカチュウによる発電システムを確立させることです。 宛先はthisisnomi3@gmail.com

セブンイレブンのミルクフランスは美味いというより哲学的だ

 

f:id:nomi3:20160905183444j:image

グレイトミルクフランサヴィンだ。

 

 

私はグレイトミルクフランサーとして、世の中にミルクフランスを紹介する義務がある。

 

 

早速だが紹介させてくれ。

 

 

 

 

セブンイレブン「たっぷり練乳ミルクフランス」だ。

 

 

 

f:id:nomi3:20160905183451j:image

 

 

 

 

いいか、もう一度言うぞ。

 

 

 

よく聞け。

 

 

 

今回紹介するのは

 

 

 

 

 

 

 

 

セブンイレブン「たっぷり練乳ミルクフランス」だ。

 

 

f:id:nomi3:20160905183500j:image

 

 

大事なことだから二度繰り返した。

記憶に自信が無いものは、メモを取っても構わないぞ。

 

 

 

 

それでは、この「たっぷり練乳ミルクフランス」が如何に至高であるかを説明していこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

至高性①ミルク

ミルクフランスにとって、ミルク部分は重要なカギを握る要素である。

飛べないブタがただのブタであるように、ミルクのないミルクフランスはただのフランスなのだから。ボンジュール。

 

 

 

その点「たっぷり練乳ミルクフランス」は、ミルク部分に真摯に取り組んでいる。

 アップで見てみよう。

 

 

 

f:id:nomi3:20160905203537j:image

 

 

 

どうだろう。

 

 

まず名前の部分で「たっぷり練乳」とはっきり宣言しているが、これによってミルクへの期待感を醸成している。

 

それに対して、パンの切り込みをしっかりと開き、ミルクの存在感をキッチリとアピールしているので、「たっぷり練乳が入っているのは、このミルクか!」と見た人が容易に理解できるようになっている。

 

 

 

これほどまでにシンプルで分かりやすいトータルデザインは、ミルクフランス界のスティーブジョブスとでも言えよう。

 

 

 

 

 

 

至高性②乳等を主原料とする食品

原材料に注目してほしい。小麦粉やマーガリンに次ぐ3番目の品目にそれはある。

 

f:id:nomi3:20160906043230p:plain

 

 

皆はダークマターを知っているだろうか。

 

ダークマター」とは宇宙に存在する未知の物質のことであり、宇宙の25%程を占めると考えられている。

 

 

 

「乳等を主原料とする食品」があえて名をつけることをしていないのは、構成要素に未知の要素を含んでいるからだろう。

 

そしてそれはつまり、「たっぷり練乳ミルクフランス」中へのダークマターの存在を暗示している。

 

 

この暗示を通して分かることは「たっぷり練乳ミルクフランス」は一つの小宇宙(コスモ)ということだ。

 

 

そして、この「たっぷり練乳ミルクすランス」を食した暁には、その者も小宇宙(コスモ)と化す。

 

 

 

 

科学技術が劇的に進歩した現代であっても、人々が宇宙へ進出することは未だに難しい。

 

しかし、宇宙を理解する手段は他にもある。それは自分自身が宇宙になることだ。

 

そして、それは「たっぷり練乳ミルクフランス」によって容易に達成されるのだ。

 

これこそ、「たっぷり練乳ミルクフランス」が至高たる所以である。

 

 

 

 

 

 

至高性③入りやすい

グレイトミルクフランサーとして、入りやすさは非常に大切な観点である。

 

 

見てほしい。

 

 

このジャストフィットの様を。

 f:id:nomi3:20160906055003j:image

 

 

このジャストフィットから我々が得られる安心感は計り知れない。

 

 

 

 

人間は常に、迷い、もがき、苦しみながら生きている。

 

そして、答えを求めている。

 

 

「自分はどうあるべきなのか?」

 

 

 

「たっぷり練乳ミルクフランス」は、ジャストフィットによって我々を優しく包み込み、聖母のように語りかけてくれる。

 

 

 

「いいのよ、今のあなたのままで」

 

 

 

……

 

 

 

 

 

f:id:nomi3:20160906051511j:image

 

 

 

……

 

 

 

 

 

そうか。

 

 

 

 

誰かに認められたいと思っていた。

 

他人の物差しで考えようとして、いつだって自分を見失っていた。

 

その度にそんな自分が嫌になって、消えて無くなりたいと思った。

 

 

 

でも、それで良かったんだ。

 

 

 

 

 

ずっと探していた理想的の自分は、もうちょっとカッコ良かったけれど、

 

僕が歩いてきた日々と道のりを、ほんとは“ジブン”と言うらしい。

 

 

僕らが夢みたのは、誰かと同じ色の未来じゃない。

 

誰も知らない世界に向かっていく勇気を“ミライ”って言うんだ。

 

 

 

 

 

 

あと一歩だけ前に進もう。

 

 

 

Progress

Progress

 

 

 

からっぽ [DVD]

からっぽ [DVD]