まあ、言うて言うは易しなんだけどね

サラリーマンです。 ランニングを習慣としていて、マラソンでサブ3達成を目標にしています。夢はピカチュウによる発電システムを確立させることです。 宛先はthisisnomi3@gmail.com

プーケットでランニングが出来ないたった一つの理由【ランニング日記26】

f:id:nomi3:20160916225734j:image

本日、タイのプーケット旅行から帰還しました。

 

雨季にも関わらず、旅行中はほとんど晴れていて、めちゃくちゃ気持ちよかったです。

 

 

基本的にはホテルを中心にのんびりと過ごしていたのですが、一度だけ、ジョグをすることができました。

 

 

f:id:nomi3:20160916222313j:image

 

こんな感じです。

全然走れてないですね笑

 

本当はあと1キロくらい走っていたのですが、なぜかアプリの停止ボタンを押してしまっていたために記録されませんでした。

 

 

しかし、この程度の距離でさえプーケットで走ってみて感じたことがあったので報告します。

 

 

 

 

プーケットでランニングが出来ないたった一つの理由

これは、、

 

 

ずばり、、

 

 

 

 

クサい

 

 

 

ということですね。

 

 

 

まあ、異臭というよりかはプーケットや東南アジア系特有の空気のニオイがするわけなのですが、いかんせん日本人の私には慣れてないニオイなもので「クサい」と感じてしまうんですよね。

 

 

でもって、このクサさは普通に出歩いているだけだったらむしろ何にも感じない程度のものなのですが、ランニングとなると、大量の空気を鼻から一気に吸い込むことになるので(私はランニングの呼吸は鼻から吸って口から吐いてるんですが、合ってますよね?)いつも以上にクサく感じてしまうんです。

 

 

クサい空気は本能的に吸うことを拒否してしまうので、勝手に呼吸が乱れてしまいます。

 

ランニングにおいて呼吸を安定させることはとても大事なことなので、これが出来ないとなるとランニングは厳しいですよね。

 

 

また、ジョグ程度のランニングって気持ちよく走るのが目的の一つでもあるのに、クサい環境だと全然気持ちよくないんですよね。

 

 

というわけで、プーケットは「オーシャンビュー」はランニング環境として申し分ないのですが、それ以上に重要なファクターとなるニオイの面をクリアしていないのでランニング環境としてはオススメできません。

 

 

以上、プーケットからの報告でした。

 

明日からは日本でバンバン走っていこうと思います!