まあ、言うて言うは易しなんだけどね

サラリーマンです。 ランニングを習慣としていて、マラソンでサブ3達成を目標にしています。夢はピカチュウによる発電システムを確立させることです。 宛先はthisisnomi3@gmail.com

全力坂って何テイクも撮ってたらタレントさん死んじゃうと思う【サブ3チャレンジその15】

皆さんこんばんは。のみさん(@thisisnomi3)です。

 

今日は火曜日のランニングの報告をしたいと思います。

 

前回は、レースペース走という新しい練習に取り組みました。

www.nomi3.net

 

今回もまた新しい練習に取り組みました。

 

その名も

 

坂ダッシュです。

 

 

まあ、説明する必要なさそうですが

 

坂ダッシュとは

坂ダッシュとはその名の通り、傾斜のある道をダッシュで登っていく練習です。

 

ダッシュといっても、短距離選手の試合くらい全力ではなく、気持ちよく風を切れるくらいのペースで走ります。

 

距離は1本あたりだいたい100~200mを走ります。

 

ダッシュで登る

ジョグで下る

ダッシュで登る

 

を繰り返していきます。

 

いつもより速いペースで走ることでダイナミックなフォームが身につきます。

 

結果

150mほどの坂を10本走りました。

 

めちゃくちゃキツイです笑

f:id:nomi3:20161110192435j:image

f:id:nomi3:20161110192440j:image

オレンジ色で波うっているのが、ランニングのペースです。

坂ダッシュをしているときに波のピークが来るので、10本走ったらピークが10箇所あるはずなのですが、9箇所しかないのは謎です。(一番左のピークはアップなので除いています。)

 

気温もだいぶ寒くなってきたので、吸い込む空気が冷たくて肺に刺さるような感覚があります。これからもっと寒くなったら、この空気はさらに凶器化するのでしょうか笑

 

 

とはいえ、この練習はすぐに心拍数が上がって気分が高揚するので癖になりそうです。

 

 

気分が落ち込んでる人は、10本とはいわずとも坂ダッシュしてみたらすっきりするかもしれませんね。

 

 

※この練習メニューはこちらの書籍を参考にしています

金哲彦のマラソン練習法がわかる本 (じっぴコンパクト文庫)

金哲彦のマラソン練習法がわかる本 (じっぴコンパクト文庫)

 

 

それでは、また!

 

 

【今日の名言】

全力坂は1発撮りだと思う。