まあ、言うて言うは易しなんだけどね

理系大学院生です。 ランニングを習慣としていて、マラソンでサブ3達成を目標にしています。夢はピカチュウによる発電システムを確立させることです。 宛先はthisisnomi3@gmail.com

エスコート界の強敵「2重ドア」に対する作戦・4選

レストランとかホテルとかで、入口が2重ドアになってることありますよね。

 

f:id:nomi3:20161112185423p:plain

こんな感じで。

 

この2重ドア、スライド式の自動ドアとかだと何も気にしなくていいんですが、手動で引くタイプだったり押すタイプだったりすると、ちょっと悩むんですよね。女性と入店する時に。

 

 

まず、1枚目のドアは男性の私が開けます。

1枚目のドアって大抵「引くタイプ」のドアなんですよね。

なので、私がドアを引いて開けると、女性が先に中に入ることになります。

 

ここからです。

 

私が後から中に入ると、女性は既に2枚目のドアに差し掛かっています。

 

さて、どうする?

 

①追い越す

急いで女性を追い越し、ドアに先回りして開ける作戦です。

忙しない様がなんとなくスマートに見えませんが、瞬発力の高さをアピールすることができます。

「足が速い子が好き」というタイプの女性には効果的です。

 

個人的には、「扉を開けてからすぐに次の扉に向かう画」が、SASUKEの第二ステージのラスト関門「ウォールリフティング」に見えてしまいます。

f:id:nomi3:20161112104305p:plain

 

 

②腕を伸ばす

女性の後ろにいながらにしてドアに到達する作戦です。

慌てて動く必要がないのでスマートさを保てますし、長いリーチをアピールすることができます。

女性が「ボクサーのスカウト」であれば気に入られること間違いなしです。

 

しかし、この作戦は2枚のドアが「押すタイプ」なのか引くタイプなのかで状況が変わります。

ドアが「押すタイプ」であれば、スムーズに入店することができます。

しかし、「引くタイプ」である場合は、女性がドアと自分に挟まれた状態で一度バックすることになります。

この「一旦バック」がちょっとマヌケ感を出してしまいます。

 

f:id:nomi3:20161112183806p:plain

 

③蹴破る

ドアが「引くタイプ」だろうと「押すタイプ」だろうと関係なく、蹴破ってしまう作戦です。

これなら、脚のリーチを活かして女性の後ろからドアを開けることができますし、「一旦バック」のマヌケ感も解消できます。

 

でも、本当にやったらこんな反応になると思います。

f:id:nomi3:20161112110137p:plain

スマートさを追求した結果、逆に頭が悪そうに見えますね。

ドアを引かないつもりが、相手に引かれてしまいますし、なによりお店に迷惑です。

 

④呪文を使う

2枚目のドアに近づく女性にすかさず「ラリホー!」と唱えます。

すると、女性は眠ってしまいます。

その隙にドアを開けてしまうという作戦です。

 

ドアを開けたらすかさず「ザメハ!」と唱えて女性を起こしましょう。

 

これなら忙しなく動く必要もないし、「一旦バック」のマヌケさもないし、お店に迷惑もかけません。最高です。

 

 

結論

デートで2重ドアと遭遇した際は、呪文を使うことが一番スマートだということがわかりました。

世の男性陣は自分のMPを高めていくべく精進していきましょう。

 

 

以上です!

 

【今日の名言】

勇者ヨシヒコが面白い。