読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まあ、言うて言うは易しなんだけどね

理系大学院生です。 ランニングを習慣としていて、マラソンでサブ3達成を目標にしています。夢はピカチュウによる発電システムを確立させることです。 宛先はthisisnomi3@gmail.com

「ありてい」という言葉がクセになる

日常 カス

「ありてい」という言葉がクセになる。

 

ありてい、あいてい

 

何回でも言ってみたい。

 

 

ありていのインド。

 

ありていのソーセージ。

 

ありていのバーニャカウダ。

 

 

「ありてい」をつけると自分の素直な欲求が現れてくるようだ。

 

いま私は確かにバーニャカウダが食べたい。

ありていの気持ちが出てきたんだ。

 

 

ああ、素敵な言葉だなぁ、ありてい。

 

 

ありてい、ありてい。

 

 

アリかナシかといえばアリ。

 

だって「ありてい」だから。

アリはアリで、ナシはナシ。

 

 

そういえばアリエッティっていたなあ。

 

 

「ありていのアリエッティ」

 

 

いいセンいってそうじゃない。