読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まあ、言うて言うは易しなんだけどね

理系大学院生です。 ランニングを習慣としていて、マラソンでサブ3達成を目標にしています。夢はピカチュウによる発電システムを確立させることです。 宛先はthisisnomi3@gmail.com

坂ダッシュっていう練習あるじゃん?あれって脱法ドラッグだよね。

ランニング 時間のムダ

マラソンの練習の一環として私は、坂ダッシュ(通称:坂D)をやることがある。


「坂D」というのは、一般的に「やたらキツイ取り組み」だと捉えられているようで、周囲の人間に「今日は坂Dをやった」と報告すると、「ストイックだねー」という回答が返ってくることが多い。(報告されたほうはさぞ迷惑なのだろう。)

 

私からしてみれば、坂Dをせずに日常生活を営んでいる人間のほうがよっぽどストイックだと思う。

 

なぜか?

 

それは坂Dの効用を整理してみればわかることだ。

 

・痩せられる
・イライラが取れてすっきりする
・肌がきれいになる
・眠気がとれて勉強できる
・最高の気分が味わえる
・タダで始められる

 

いかがだろうか?
そう、これはまさに、ドラッグである。


「今日坂Dをした」というのは「今日脱法ドラッグを使用した」というのと同値である。


にもかかわらず「ストイックだね」と言われるのはおかしい。ドラッグに逃げず、きちんと生活を営んでいるあなたの方が確実にストイックなのである。


強いてドラッグと坂Dの違いを挙げるとするならば、ドラッグが「使用し続けると体を蝕んでいく」のに対して、坂Dは「継続すると健康になっていく」という点だろう。

 

 

以上です。