まあ、言うて言うは易しなんだけどね

理系大学院生です。 ランニングを習慣としていて、マラソンでサブ3達成を目標にしています。夢はピカチュウによる発電システムを確立させることです。 宛先はthisisnomi3@gmail.com

【感想】映画「一週間フレンズ。」は,エンドクレジットまで帰らずに見よう!

f:id:nomi3:20170211173122p:plain

http://ichifure.jp/

 

映画「一週間フレンズ。」を観てきました.

 

原作となっている漫画を私は観ていなかったので,「普通に恋愛ストーリーなんだろうなあ」と思っていたのですが,実際にはあまり恋愛的な要素は感じられず,鑑賞後は少しだけ「あれ?」と思いました.

一方で,映像からリアルな高校生活の雰囲気を想起させられてなんとなくノスタルジックな気分にもさせられました.

 

 

あらすじ

高校2年生の長谷祐樹(山﨑賢人)は同級生の藤宮香織(川口春奈)に初めて会った日から惹かれ,「友達になりたい」と何度もアプローチをかけるが,頑なに断られてしまう.

そんな折,祐樹は香織が「毎週月曜日にそれまでの一週間の友達との記憶がリセットされてしまう」記憶障害を持つことを知らされる.

それでも友達になりたい祐樹は,昔の記憶を思い出せるように香織と交換日記を始めることにする.

この交換日記をキッカケに祐樹と香織は少しずつ距離を縮めていくが,ある日,香織の記憶障害に関係のある人物が転入してきて…

 

あまり深入りしないストーリー

原作を読んでいない私ですが,それでも物語の表面をサラッとなでているような印象でした.

 

香織の記憶障害に至るエピソードや,それにまつわる人物に関して理解できるようなシーンがあまりないので,そのあたりが絡んでくる後半からはあまり納得できないままに話が展開していきました.

 

あとは,香織の人間性もあまり深入りしていない印象で,そのせいか香織が無機質であまり魅力的に見えず,祐樹があんなにも一生懸命になるのか,少し共感しにくかったです.

 

また,公式ホームページでは「特別な恋物語」とありますが,そこまで恋愛要素は描かれず,むしろ友達要素が強かった気がします.一方で,「確かに高校時代ってこんな感じだったかもなあ」と思いましたが.

 

なんというか全体的に「行間を楽しめ」っていう感じ?

そういうことができる人には良いですが,

私のように見たこと,話されたことをストレートに受け止めてしまう単純な人間にはちょっと物足りない感じがしてしまいます.

 

ちょっとだけ原作を読んでみたら

一週間フレンズ。 1巻【電子書籍のソク読み】豊富な無料試し読み

↑ここで原作の漫画を少しだけ立ち読みすることができたので,映画鑑賞後に読んでみたところ…

 

香織の心情やキャラクターが映画よりもしっかりと描かれてました!

まあーこれも続きが読みたくなるかといえばそれほどでもないですが…

 

エンドクレジットに注目

エンドクレジットをボーっと見ていると,「ヘアメイク」の人とは別に「ヘアメイク(国生さゆり)」という担当の人が載っていて,なんだかすごく目立っていました.

国生さゆりさんには専属のヘアメイクさんがついているんですね.

この映画,ある意味で最後まで目が離せません.

 

まとめ

というわけで全体的にサラッとお茶漬けみたいな印象の映画で,「もうちょい深堀りほしい!」という感じでしたが,読み取れる人には分かるんじゃないかなと思いました!

 

ただ,冒頭にも書きましたが「高校ってこんな感じだったなあ」って思わせる雰囲気が全体に漂っていたので,それを感じられただけでも良かったなあと思いました!

 

 

一週間フレンズ。 コミック 全7巻完結セット (ガンガンコミックスJOKER)

一週間フレンズ。 コミック 全7巻完結セット (ガンガンコミックスJOKER)

 

 

その他の映画感想

www.nomi3.net

www.nomi3.net