読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まあ、言うて言うは易しなんだけどね

理系大学院生です。 ランニングを習慣としていて、マラソンでサブ3達成を目標にしています。夢はピカチュウによる発電システムを確立させることです。 宛先はthisisnomi3@gmail.com

洗濯機が「神器」であると実感したとき。

旅行 日常

f:id:nomi3:20170321195231p:plain

3月は2週間ほど海外旅行に出かけていました。

 

2週間分の衣類を持ち運ぶのは大変なので、私は今回は都度自分で衣類を手洗いすることにしました。

 

普段家では、衣類は基本的に洗濯機にぶち込んでいたのであまり実感がなかったのですが、実際に手洗いしてみると、洗濯機のありがたみが本当に良く分かりました。

 

1950年代には、テレビや冷蔵庫と併せて三種の神器と呼ばれていましたが、その神器たる所以はここにあったんだなあと。

 

特に苦労したのが「脱水」です。

 

もう、どれだけ絞っても絞ってもきりなく水が出てくるし、自力の限界まで絞り切って「さすがにこれでもう平気だろう」なんて干してみると、ポタポタと水が滴り落ちてくるんですよね。

 

あまりにもリズミカルにポタポタするもんだから、録音して音のソノリティに投稿しようかと思いました。

 

www.ntv.co.jp

 

「音のソノリティ、今週は『手で絞った衣類からの水の滴り』です。」

 

てね。

日テレさん、ネタに困ってたら是非採用してください。

 

 

まあ、そんなわけで「脱水」っていう作業は人力の及ぶところじゃなかったんですね。洗濯機があれだけしっかりと脱水していたのは、正に神業だったというわけです。

 

ありがとう、洗濯機。

 

 

さて、これからは家の中にどんな製品が現れたら「神器」となりますかね?

 

私が欲しいのは「部屋の片づけ」を自動にやってくれる神器ですね。

 

部屋の整理って人智を超えてますよね。知らないうちにモノは散乱するし、せっかく整理しても、少し時間経つとどこに整理したか分からなくなったり…

 

この辺りを解決する神業が我が家に登場してもらいたいものです。

 

 

 

旅行に関する記事はこちらも↓

www.nomi3.net

www.nomi3.net