まあ、言うて言うは易しなんだけどね

サラリーマンです。 ランニングを習慣としていて、マラソンでサブ3達成を目標にしています。夢はピカチュウによる発電システムを確立させることです。 宛先はthisisnomi3@gmail.com

【ランニング】雨の日に走るリスク3選

火曜日の夜ラン!雨上がり、というかほぼ雨中のランでした!

 

f:id:nomi3:20171114195059j:imagef:id:nomi3:20171114195055j:image

約8キロのランニングでしたが、雨で地面が滑り易くなっていて、だいぶビクビクしながら走ってしまいました。

 

雨の日に走ると主に以下の3つのリスクがあります。

 

①転ぶと怪我をする

まあ当然のことですが、転ぶと怪我をします。

しかもランニングコースは基本的にコンクリで舗装されているので硬いです。

 

私は何度かランニング中に転んだことがありますが、膝とか手のひらとかがゴリっとエグれました。

 痛み以上に見た目がグロくなります。

 

雨中を走る方は注意してください。

 

②転ぶとスマホの画面が割れる

私はランニング中、iPhoneを持って走っています。

というのも、ランニングアプリを使っているからです。

Nike+ Run Club

Nike+ Run Club

  • Nike, Inc
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

play.google.com

ランナーにとってはおなじみのNike+ Run Clubのアプリですね。

 

これを使いながら走ることで、距離やペースを測ることができるのでとても便利ですが、一方でスマホを落としてしまえば画面が割れるリスクがあります。

 

私はジャージのポケットにスマホを入れているので落とすことはないですが、滑って転んだ拍子の当たりどころが悪ければスマホにも衝撃を与えてしまいます。

 

転んで怪我をした上にスマホを割ってしまった日には…目も当てられないでしょうね…

 

雨中を走る方は十分に注意してください。

 

③濡れる

意外と盲点かと思いますが…

 

実は雨の中を走ると濡れます。

 

これは正直私も最近まであまり信じていませんでした。

「いやいや、雨の中歩いてたら濡れるのはわかるよ?でも雨の中走って濡れるわけないでしょー笑」

なーんて、呑気なことを言っていました。でも、

 

実は雨の中を走ると濡れます。

 

雨に濡れるとまず気持ち悪いですし、体が冷えて風邪をひく可能性も出てきますし、何より

 

雨に濡れるとびしょびしょになります。

 

みなさん知らないと思いますけど、これが一番キツいです。

 

だから雨中を走ろうと思っている方は「濡れてびしょびしょになる」ってことを覚悟しておいてくださいね。にわかには信じられないかと思いますが…

 

 

え、雨だけに「にわか」って?

やかましいわ!お前がな