まあ、言うて言うは易しなんだけどね

サラリーマンです。 ランニングを習慣としていて、マラソンでサブ3達成を目標にしています。夢はピカチュウによる発電システムを確立させることです。 宛先はthisisnomi3@gmail.com

駆け込み乗車のおじさんに押し退けられた話

f:id:nomi3:20171117205753p:plain

電車のホームへ降りる階段を降りていた時の話。

ちょうど私が乗る方向の電車がホームに到着しているところで、駆け込めば間に合うかもしれないタイミングでした。

 

まあでも、次の電車で良かったし、「あー、電車行っちゃうなー」って感じで階段を下ってたら、

 

「ちょっと待って、ちょっと待って!!」

 

とおじさんが後ろから駆け下りてきました。

そんでもって「バッ」と私は押し退けられました。

私は「なんだよー!」と、少しイラッときました。イラみです。イラみ。


んで、そのおじさんは電車の発車に間に合ったのですが、

車両に乗り込む手前で

 

「なんだ、混んでるならいいやー」

 

と、乗車を辞めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、私、押し退けられ損じゃん!

 

 


いや、私、押し退けられ損じゃん!

 

 

 

否我押退使損醬!!!!!!

 

 

なんだよ!

 

貴様の乗車にかける思いはその程度かよ!!!

 

もっと熱くあれよ!!

 

もっと燃え上がれるだろ!!

 

我の屍を越えていくんだろ?!!

 

それが、どれほどの覚悟なのか、分かっているのか?!!!

 

 

 

命を賭したッ!駆け込み乗車だろうがッあああああ!!!ファイアーあああああああ!!!!

 

 

ボワッ

 

 

てなわけで、鋼の錬金術師、実写映画化しまっせ。

wwws.warnerbros.co.jp

 

駆け込み乗車は危険ですよ。

 

トレイン・トレイン・トレイン 駆け込み乗車、お疲れさまです

トレイン・トレイン・トレイン 駆け込み乗車、お疲れさまです