まあ、言うて言うは易しなんだけどね

サラリーマンです。 ランニングを習慣としていて、マラソンでサブ3達成を目標にしています。夢はピカチュウによる発電システムを確立させることです。 宛先はthisisnomi3@gmail.com

中学の野球部ではまともに謝らせてもらえなかった話

以前、私が中学時代に所属していた野球部の挨拶がおかしかったという話をしました。

www.nomi3.net

www.nomi3.net

 

そこでまだ触れられていなかったことがあったので追記します。

 

・すみません


野球はミスのスポーツと言われることもあるように、練習や試合でミスが良くでます。
普通の中学野球レベルでは尚更です。

で、ミスをした時は謝ることになっていたのですが、それがなんか変なのです。

 

例えば、私が守備で悪送球をしてしまった時、チームメイトから「ちゃんと投げろよ!」という叱咤が飛びます。
それに対して私は「すみません」と言います。

 


そしてその後、一呼吸おいて、帽子を取って深々とお辞儀をしてから顔を天に向けて、

 

「さっせーん」

 

と、大きな声で言います。

 f:id:nomi3:20171129061245p:image

 

いや、どんな時間の使い方?

 

「悪送球をすること」はなるべくしたくないですが、してしまうことはあります。

「ちゃんと投げろよ」と周りが言うのもわかります。

「すみません」と言うのも流れとしては当然です。

 

 

でも

 

「さっせーん」 is 何?

 

その前の「すみません」の時点で一連のやりとりは基本的終わっているはずです。

なのに、その後にやたら時間をとって「さっせーん」と言う。何?

この「さっせーん」は誰に向けて謝っているのでしょう?

天に向かって言っているから、野球の神様?それとも明日の自分?過去の自分?前前前世の自分?

誰に向けて言っているとしても、謝るんだったらちゃんと「すみません」て言えるっしょ!

「さっせーん」ってなんすか、かえって逆撫でしますわ。

 


しかも、ゆっくり「さっせーん」なんて言ってる時間があったら「なんで悪送球したのだろう?」とか原因を考えたりする事ができるのに、その時間を無にする「さっせーん」。

 

もしかして「さっせーん」は「すみません」ではなくて、「考えさせん」の「さっせーん」なのかも。
なるほど、それなら納得…いきませんわ!

 

 

ああ、なんだかあの頃「さっせーん」を聞かされていた周囲の人達や天から見守っている方々に申し訳なくなってきました。この場を借りてお詫びさせてください。

 

 

 


さっせーん

 

www.nomi3.net