ただのサラリーマンがマラソン100kmとベンプレ100kgと開脚180度を目指すブログ

ただのサラリーマンです。 マラソン100kmとベンプレ100kgと開脚180度を目指して生きることにしました。宛先はthisisnomi3@gmail.com

不器用な人がオリジナリティを生み出す方法

ブログを書いていると少なからず「もっと多くの人に読まれたい!」などと思います。

そこで、ブログのノウハウを調べたりすると必ず出てくるのが

「上手くいっている人のマネをしよう!」

ということです。

 

このノウハウはブログに限らずのことだと思いますが、

まあ、当然といえば当然ですね。

上手くいっている人にはなんらかの上手くいっている理由があるので、同じことができれば自分も上手くいく。ということなのでしょう。

 

ただ、ここでネックになってくるのが「オリジナリティ」という部分です。

なんでもかんでもマネしてしまっては、先人のただのコピーになってしまって、自分らしさという「オリジナリティ」は生まれないのではないかという懸念があります。

正直、私自身その気持ちが強く「オレからはオレらしさが濃く出てこなくちゃいけないし、オレらしさはオレ流でやらなきゃダメだろ」なんて思うことはよくあります。

 

まあ、正直言って愚の骨頂ですね。

 

もし、自分が超天才であればそれでも良いかもしれませんが、そんな可能性は天文学的に低いです。

というか、自分のやり方に固執しようとする時点で凡人の中でも不器用な方に分類されると思います。

 

では、そんな不器用な人はどうしたらいいのかっていうと、結局は「人のマネをする」ことが良いということになります。

それはどうしてか?

その答えと思しきものをm-floのDJの☆takuさんが出しています。

不器用な人はどうせコピーしようとしてもコピーしきれず、その不完全なところが逆にオリジナリティとなるという考え方。

 

自分のやり方に固執しがちな不器用な人も、この割り切りがあればすんなり「人のマネをする」ことを受け入れられるのではないでしょうか。

 

まあ正直、ここまでの内容は全て自分への戒めとして書いているのですが笑

 

 

そんなところで今日は以上!